スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
謎の男 
ゴゴイチ最終回を見終わって、
買い物に行くため、着替えようとした。

ジーパンは脱衣所におきっぱだったから、
脱衣所からジーパンを持って部屋に戻ろうとした。
すると、玄関に謎の男が立っていたのだ。

445の家に来たことがあれば分かりやすいのだが、
うちは結構長い。昔の家の特徴そのままに長い。
戸を開けると2台の車があって、
車の間を通り抜けて15mくらい通路があって、
通路(てか土間)に向かって右側に居間がある。
で、結構長く土間が続くかんじ。右側にはそれぞれの部屋。

脱衣所はかなり奥にある。

で、そっから見えた巨体。
居間の近くにいるのよ。土間だけど。

新聞の集金とか何かかな、と思って
何の用事かを丁寧に尋ねてみたらさ、
「…あ、、間違えました」だそう。

でも、そこに立っているってことは、
うちの戸を開けて、2~30mは入ってきてるのさ。
以前商売をしていたこともあって、
家の前には看板もあるのね?

だからさ、間違うってこと自体がおかしいと思うの。

眉毛がぶっとく濃くて、メガネかけてて
ジャンバーみたいなのを着てる、横にも縦にも大きい、
いかにもA系っぽい感じの20代っぽく見える謎の男。

ジーパンを持ってすごくラフな部屋着の女(私):どんな用ですか?
謎の男:…あ、間違えました
私   :え?
謎の男:あ。ほんとに間違えました

それだけ言ってそそくさと帰っていきました。
すっげぇ挙動不審に思えた春の午後。

なんで私を見て間違えたと分かるのだ?
なんか私変でした?うっそぉー。

つーか、キモい!
スポンサーサイト
【2006/03/26 Sun 17:26 】 | 独り雑談ごっこ | comment(0) | trackback(0) |
<<ある愛の詩 | ホーム | 平均以下だったぁー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://raiki7.blog17.fc2.com/tb.php/157-325429b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。